かっこいいWebサイトや見やすいWebサイトなど、良質なホームページを作成するためにはデザインが必要になります。そこで重要となってくるのがWebデザイナーの仕事になりますが、今回は具体的にWebデザイナーの仕事を紹介し、平均年収や将来性などまでお伝えしていきたいと思います。

Webデザイナーの仕事内容をチェックしよう!

 

Webデザイナーの仕事はどのような内容があるのか知りたいと思っている方も多いのではないでしょうか。ここでは業務内容について具体的に紹介していきます。

Webサイトの構成とレイアウトを制作する

Webサイトを作成するにあたってまず重要になるのが構成やレイアウトです。これができていないとバランスが悪くなってしまうので、サイト全体のイメージを決定するためにも大まかに決めていく作業を行います

Webサイトで使用するデザイン素材を作成する

次に行う業務内容としては、デザインの作成です。Webサイトには配色やロゴ、アイコンなどあらゆる素材が必要になりますが、これらも全てWebデザイナーの仕事になります。素材を作る場合にはIllustratorやPhotoshopなどを用いるので、これらの知識も身につけておかなければなりません。
また、基本的にはクライアントの要望なども聞き、要望に沿ったデザインで作成していくのが一般的です。

プログラミングなどのコーディングを行う

WebサイトのコーディングもWebデザイナーの仕事内容の一部です。コーディングはプログラミングを行う作業になりますが、WebサイトではHTML、CSS、JavaScriptを使用するケースがほとんどです
HTMLは、文章や画像などを表示する際に使用し、CSSは配置やフォント、文字サイズや色などを指定するときに使用します。また、JavaScriptは動きを出すために使用するプログラミング言語です。動きのあるデザインに仕上げたい場合に用いられることが多くなっています。

クライアントとのコミュニケーション

Webデザイナーは、パソコンと向き合う仕事と思われがちですが、クライアントとのミーティングも行い、要望などもしっかりと聞くことが大切な仕事でもあります。そのため、デザインの能力以外にもコミュニケーション能力が必要になります。

Webデザイナーになるためにはどうすればいいの?

Webデザイナーになるためには様々な方法がありますが、まず初めに知っておきたいのが、資格が必ずしも必要になる仕事ではないということです。知識やスキルなどを既に独学で身につけているという方は、未経験でも就職ができる可能性はあります
しかし、資格を取得している方が即戦力として歓迎される場合も多いので、就職などをしてからすぐに活躍をしたいと思っている方は、事前に資格を取得してスキルを証明できるようにしておいた方がいいでしょう。

Webデザイナーになるとどのようなメリットがあるのか?

Webデザイナーには様々なメリットがあるので、具体的な魅力について紹介していきたいと思います。

デザインソフトが使えるようになる

Webデザイナーは、IllustratorやPhotoshopなどのソフトを活用する仕事になります。その他にもInDesignやFlashなどを使うこともあり、あらゆるデザインソフトを使いこなすことができるようになります。これらの知識を持っていれば、Web業界で活躍できる場はたくさんあるのでメリットと言えるでしょう。

自分自身でWebサイトを作成することができる

Webデザイナーのスキルがあれば、他の人に頼まなくても自分自身でWebサイトを作成できるようになります。例えば何かアイデアが浮かび、それを全世界に発信したいという場合でもWebデザイナーのスキルがあればすぐにサイトを作成して発信することができます。新たなビジネスチャンスにもつなげられる可能性があるので、自分自身で作成できるようになるというのは大きなメリットとなるでしょう。

独立することも可能なスキル

Webデザイナーは良質なWebサイトを作成することが可能なため、スキルがあれば様々な企業から依頼を受ける場合もあります。それなりにスキルは必要になりますが、自信があるという方は独立をして仕事をもらうこともできます。そのため、将来的に会社を立ち上げたいという方や、個人事業主として活躍したい方にとって魅力的なスキルです。

仕事をする場所が限定されない

Webデザイナーは、簡単に言ってしまえばパソコンなどを持ち込めばどこでも作業が行える仕事です。例えば会社や自宅で仕事をしなくても、カフェなどでも作業をすることができます。そのため、場所が決められることはなく、自分がやりたいところで仕事ができるというメリットがあります。

逆にデメリットはあるのか?

Webデザイナーの仕事にはメリットも多いですが、良いことばかりではありません。ここではデメリットについてもいくつか紹介していきます。

納期の前などは非常に忙しくなる

クライアントによって異なりますが、例えばリリース予定日などが事前に決まっているような案件の場合は、納期を先延ばしにすることはできません。必ず決められた納期で納品しなければならないため、多忙になることもあります。特に何らかのトラブルが発生したなどの場合は休日でも仕事をしなければならない場合もあるので注意が必要です。

給料が安いことも

Webデザイナーはスキルによっても異なりますが、資格を取得していてもそれほど高い給料がもらえる仕事とは限りません。
しかし、フリーランスや独立をして優良な企業と取引をすることができれば大きな報酬を手に入れることもできるので、夢がある仕事ではあります

知っておきたい!Webデザイナーの平均年収

Webデザイナーになりたいと思っている方の中には、実際どのくらいの年収をもらっているのか気になっている方も多いでしょう。ここでは平均年収について説明しますが、厚生労働省が毎年発表している資金機構基本統計調査によると、Webデザイナーを含めデザイナーの平均年収は男性が約498万円、女性が約379万円という結果になっています。

資金機構基本統計調査

Webデザイナーの将来性について

インターネットはスマホなどが普及してから急速に普及しており、現在では文字が読めない子どもや高齢者などを除いてほとんどの世代がインターネットを活用しています。メディアとして見てもテレビなどの次に広告費がかけられているなど巨大メディアとして成長を遂げています。企業もインターネットを通じて顧客を得たいと考えているところも多く、ほとんどの企業がWebサイトなどを立ち上げています。将来的にもまだまだ発展していく分野と言われているので、Webデザイナーはこれからもあらゆる場所で活躍することができるでしょう。

Webデザイナーを目指す人におすすめのUdemyコース

これからWebデザイナーとして活躍をしていきたいと思っている方の中で、まだ知識がそれほど身についていないという方は学習することから始めなければなりません。学習する方法は様々ですが、その中でも未経験者から始められるUdemyコースがおすすめです。特徴としてはインターネットやWordくらいしかパソコンを操作したことがないという方でも理解できるように作られているコースだという点です。マスターをすることでプロのWebデザイナーとして働けるレベルにまで成長するのでおすすめです。Webデザイナーとして総合的なスキルを身につけたい方は是非チェックしてみてください。

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース

まとめ

今回はWebデザイナーの仕事や将来性について紹介しました。Webデザイナーは今現在でも需要があり、将来的にも仕事が増える職業だと言われているので、今からの勉強でも遅くはありません。特に知識を身につけたい方は学べるコースなどもあるので、参考にしながらWebデザイナーのスキルを習得してみてください。

プログラミングを無料で学ぼう

オンライン学習サイト【Udemy】は無料で学べるコースも多数あります。

もうちょっと勉強したいな。スキルアップしたいな。と思ったら是非チェックしてみてください。

【無料】「PHP/MySQL Cloud9&Xamppによる環境構築 (wordpressインストールまで)」

【無料】1日たったの5分。続けられるプログラミング入門

【無料】マリオ風2Dゲームを作って学ぶプログラミング的思考【超入門】Scratch3.0で、大人と子供で一緒に学べる90分

無料のオンライン学習コースを更にチェック