MENUCLOSE
twitter ツイッターfeedlyRSS

オンスタでは、オンラインで学習するために役立つコンテンツを掲載しています。そのほか、UdemyをはじめとしたEラーニングサービスの紹介も行っています。

オンスタ | オンラインで学習するための近道になるサイト
電子書籍を購入できるサイト、サービスまとめ【2019年度版】

電子書籍を購入できるサイト、サービスまとめ【2019年度版】

公開日:2019年08月28日
最終更新日:2019年10月12日
オンスタ運営
電子書籍
ホーム > 全記事一覧 > 電子書籍 > 電子書籍を購入できるサイト、サービスまとめ【2019年度版】
このエントリーをはてなブックマークに追加
電子書籍を購入できるサイト、サービスまとめ【2019年度版】

こんにちは。さて、今回は電子書籍です。オンラインの学習サービスといえば動画が最初に思いつくかもしれませんが。オンラインでの学習といえば電子書籍の方が馴染み深い方もいらっしゃると思います。筆者も「オンラインのサービスを使って学習する」といったことを考えると、最初に浮かぶのはこちらです(筆者はアラフォーのおじさんです)。

「電子書籍を利用したオンライン学習」を考えると、電車や新幹線などの長距離移動、タクシーでの移動など、移動時のちょっとした時間を使って読書として学習を進めることができますので「よし始めるぞ!」といった気合いを入れて時間を作ることもなく、自分のタイミングで学習を進められるといった、いわゆる「時短学習」が可能になります。また、多くの電子書籍サービスが、ほぼ網羅的にあらゆる端末でサービスを利用できるようアプリを配信していたり、なんらかの理由でアプリのインストールができない場合も、インターネットが閲覧できる環境であれば読むことができるため学習を進めることができます。もちろん、荷物もかさばりません。多忙な社会人など、『日常で学ぶ時間を作ることが難しい人』には特にオススメしたい学習方法です。

電子書籍を購入というと、やはり真っ先に思い浮かぶのは某巨大サービスなわけですが、ここではその某巨大サービスを含め、電子書籍配信サービスについてまとめてみようと思います。

電子書籍での学習を検討している方で、どこで購入すれば良いか迷っている方はぜひ一度ご一読ください。

Amazon Kindle

https://www.amazon.co.jp/
言わずもがな、電子書籍界のパイオニア。Amazonは電子書籍以外にも様々なサービスを展開しており、電子書籍事業を日本で展開すると発表した際は、とても騒ぎになりました。Amazon Kindleは販売価格が通常の書籍を購入するよりも安く購入するできますので、「少しでも安く購入したい!」という方は電子書籍で購入すると良いでしょう。また、端末もKindle Fireなどの専用端末以外にも通常のパソコン(Mac、Windows)や、iPhone、Androidといった普段利用する端末でも読むことができます。
月額¥980で利用できる定額サービス「Amazon unlimited」もあり、こちらも併用するとよりたくさんの書籍に触れることができ、学習しやすくなる可能性が高いので、併せて検討したいところですね。ただAmazon unlimitedで読める書籍は限られており、目的の学習に沿った書籍が手に入らない可能性もあります。その場合は通常通り、購入すると良いでしょう。
Amazon unlimited、通常の電子書籍購入を上手に併用していくと良いかもしれません。

Kindle電子書籍リーダー

Amazonでは専用の電子書籍リーダーを販売しています。
普段お使いの端末で電子書籍を読んだ際、「うーんちょっと読みづらいなぁ」「目が痛い」など、学習を進める上で集中できないような場合は、電子書籍リーダーの購入を検討してみても良いかもしれません。
https://www.amazon.co.jp/b/?ie=UTF8&node=3933932051&ref_=ods_fs_eink_cp

楽天Kobo

https://books.rakuten.co.jp/e-book/
Amazonが電子書籍サービスを開始するといった時、真っ先に対抗馬として上がったほどの国産電子書籍配信サービス「楽天Kobo」。配信元は言わずもがな楽天。こちらも品数は豊富で、もしAmazon Kindleの中で目的の書籍が見つからない時はこちらで探してみるといいかもしれません。

楽天Kobo電子書籍リーダー「kobo aura H2O」

「Amazonにあれば、楽天もまた」といった感じで楽天koboにも専用の電子書籍リーダーがあります。
もし興味があり、楽天での電子書籍購入をメインで検討されている方はこちらも購入を検討してみると良いかもしれません。

楽天kobo aura H2O(SDカード・防水対応/電子書籍リーダー)
https://books.rakuten.co.jp/event/e-book/ereaders/koboaurah2o/

DMMブックス( 電子書籍)

https://book.dmm.com/otherbooks/
こちらもさまざまなサービスを展開しているDMMから、DMMブックスのご紹介です。
DMMブックスの電子書籍といえば、通常アチラの方を想像してしまいそうですが、実はビジネス本や実用書なども取り扱っています。
よく電子書籍を購入するときに「サービスがいつかしゅうりょうしてしまうんじゃないだろうか」といった不安にかられたりしますが、先述のAmazonや楽天、そしてこちらのDMMに関してはまず安心といって良いでしょう。ポイントもたまりやすい工夫がされているのもうれしいところ。電子書籍を通じて、通勤途中にビジネス本の新書などの学習を検討されている方にはおすすめです。

ebookjapan

https://ebookjapan.yahoo.co.jp/
漫画に特化した電子書籍サイトです。運営元はYahoo!。漫画ばかりかと思いきや、漫画式の学習本は取り扱っている様子。
※サムネイルは「オウンドメディア」で検索した結果です。
あまり参考書など学習に役立つといった形の在庫はないような印象ですが、ライト目に学習を開始したいという方にはオススメかもしれません。
オウンドメディアでの検索結果はこちら

BookLive

Booklive

https://booklive.jp/

こちらも漫画を主軸とした電子書籍サイトです。こちらは参考書関連も多く、かなりのヒット数があることからこれから電子書籍で学習を始めようという場合にはいいかもしれません。

角川BookWalker

https://bookwalker.jp/
世界の「KADOKAWA」のライトノベル系を中心とした電子書籍サイトです。購入も簡単です。学びの箸休めにちょうど良いかもしれません。

まとめ

学習を進めるため、「電子書籍での学習」を検討するというのは、学習方法として手軽で比較的ハードルが低いのでオススメです。
「まずは気楽に始めたい」とういう方はぜひご検討ください!
みなさんもいろいろ探してみてくださいね!それではこの辺りで。結びとしたいと思います。

全記事一覧

web制作者にオススメのオンライン学習サイト「Udemy」

世界最大級のコースがラインナップ!電子書籍サイト「Udemy」

世界最大級のコースがラインナップ!オンライン学習サイト「Udemy」

「Udemy」ではいつでもどんなトピックでも、専門家が教える何千ものコースを用意されており、無料で学べるコースも多数あります。もうちょっと勉強したいな。スキルアップしたいな。と思ったら是非チェックしてみてください。