MENUCLOSE
twitter ツイッターfeedlyRSS

オンスタでは、オンラインで学習するために役立つコンテンツを掲載しています。そのほか、UdemyをはじめとしたEラーニングサービスの紹介も行っています。

オンスタ | オンラインで学習するための近道になるサイト
【セミナー参加報告】Aichi WordPress Meetup 「WordPress 5.3の新機能、アンカンファレンスで学んだこと」

【セミナー参加報告】Aichi WordPress Meetup 「WordPress 5.3の新機能、アンカンファレンスで学んだこと」

公開日:2019年12月18日
最終更新日:2019年12月18日
オンスタ運営
セミナー・カンファレンス
ホーム > 全記事一覧 > セミナー・カンファレンス > 【セミナー参加報告】Aichi WordPress Meetup 「WordPress 5.3の新機能、アンカンファレンスで学んだこと」
このエントリーをはてなブックマークに追加
【セミナー参加報告】Aichi WordPress Meetup 「WordPress 5.3の新機能、アンカンファレンスで学んだこと」

どうも!WordPress大好き小野です。 

 先週のWCAN 2019 Winterのレポートに続き、先週末にWordPressのMeetupにも参加してきましたので簡単なレポートをあげさせていただきます。

 

[愛知]Aichi WordPress Meetup #13 WordPress 5.3 の新機能や改善点について

https://www.meetup.com/ja-JP/Aichi-WordPress-Meetup/events/264888868/

 

Aichi WordPress Meetupって?

名古屋市内でほぼ毎月開催されているWordPressユーザによるWordPressユーザのための勉強会です。

内容はタイミングによって様々ですが、気になるなぁという方はぜひ以下のリンクから登録してみてください。

会場はベースキャンプ名古屋(名古屋市中村区名駅3-18-5 モンマートビル5F)でやることが多いです。

参加費は会場代の1,000円です。財布に優しい。

https://www.meetup.com/ja-JP/Aichi-WordPress-Meetup/

 

WordPress 5.3 の新機能や改善点について 

今回のメインセッションは、WordPress5.3の新機能や改善点についてでした。

講師は山尾雅也さん。実際の資料が公開されていますので、どんな新機能が追加されたかな。という方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

勉強会に参加してみて、特に印象に残ったことを紹介していきます。

 

Gutenbergが1歳を迎え、かなり進化した

丁度一年前、WordPress5.0でGutenberg(グーテンベルク)は産声を上げました。

当初のGutenbergは、まだまだ機能としては赤ちゃんでありました。

 

そのGutenbergが1歳を迎え、グルーピング機能や各ブロックが洗練されてきている印象を受けました。

迷わず入れていた「Classic Editor」プラグインとも、あと1年2年すればお別れできそうです。

https://ja.wordpress.org/plugins/classic-editor/

ちなみに、この記事はClassic Editorで執筆しております。早くGutenbergにも慣れていかねば。

 

Exifファイルをもとに縦横回転する

WordPress 5.2のときに、社内で「横向きの画像が縦になっとる!」という不可解な現象に遭遇していたので、この機能改善は鮮烈でした。よくやったWordPress !

Exifファイルとは画像の持つメタ情報のことで、Wikipedia先生によると以下のような情報を保持しているようです。

  • 撮影日時 -日付と秒までの時刻が付加される。
  • 位置情報(ジオタグ) -GPS付きカメラや携帯電子機器の場合、GPSにより自動的に記録された緯度・経度・標高などが記録される。また、GPS受信装置の付いていないカメラでも、GPSロガーという機器やスマートフォンの同様のアプリケーションを利用しカメラと一緒に持ち歩くことにより、後で写真に位置情報を付加することも可能。携帯電話やスマートフォンのカメラにおいてGPS機能が普及した一方、2019年現在においてもカメラでは上位機種においてもGPSは普及していない。カメラの起動からGPS観測までの速度やバッテリーへの影響などの観点から実用性が十分でないことが理由とみられる。
  • 撮影方向 -電子コンパス付きのカメラやスマートフォンで撮影した場合に写真を撮影した際のカメラの方角の情報が付加される。
  • 撮影機器のメーカー名(製造・販売元)
  • 撮影機器のモデル名(カメラ付き携帯電話・スマートフォンの機種名など)
  • 画像全体の解像度
  • 水平・垂直方向の単位あたり解像度
  • シャッター速度
  • 絞り(F値)
  • ISO感度
  • 測光モード
  • フラッシュ使用の有無
  • 露光補正ステップ値
  • 焦点距離
  • 色空間(カラースペース)
  • サムネイル(160×120画素)

今回の修正ではこのExifファイル内の縦横の値を見て画像の回転をさせているみたいですね。

すごい。というか、こういう細かな機能追加ができるのもWordPress というCMSが成熟してきた証とも言えそうですね。

 

自動でリサイズする

縦横サイズが2560px以上の場合は自動でリサイズされる様になったとのこと。

最近、ファイル名に-scaledという文字が付くことあるなぁと思っていたので「そういうことか!」と目からウロコでした。

ちなみにこの自動リサイズ処理は以下のプラグインで停止可能とのことでした。きっとフックがあるんだろうな。

https://wordpress.org/plugins/disable-big-image-threshold/

 

WordCamp Tokyo / WordCamp Osaka

山尾さんから最近開催されたWordCamp TokyoとWordCamp Osakaの感想も聞くことができました。

Gutenberg関係だとWordCamp Osakaの以下のスライドが勉強になったとのこと。

 

 

今年は大阪にも東京にも参加できなかったので、スライドを見て勉強します!

 

アンカンファレンス

山尾さんの発表の後は、アンカンファレンスが開かれました。

アンカンファレンスとは、参加者それぞれが持っている悩みを話したり、やっていることを話したりと、WordPress の雑談会のようなものです。

 

アンカンファレンスで感じたのは、Web(HTMLやCSSやドメインとか)についてはあまり知らないけど、WordPressという単語を知って、WordPressの本を買って、本の通りにレンタルサーバとドメインを取って、簡単インストール機能でWordPressを使っている。という方がかなり増えてきたなぁという印象を受けました。

WordPressの知名度すごい。そして、Webの知識無くても使えるWordPressすごい!と感じました。

Webサイト構築のハードルがどんどん低くなってきて、誰でもウェブサイトを作れる時代だなぁと改めて実感するととともに、私にしかできないことは何か?ということを考えさせられる良い機会になりました。

 

まとめ

WordPressを使っている人と巡り会える勉強会「WordPress Meetup」

全国各地で開催されているので、ぜひ地元のMeetupを探してみてください。

きっと素晴らしいWordPressユーザとの出会いがあるはずです!

 

近くのWordPress Meetupは以下から探せます

https://www.meetup.com/ja-JP/pro/wordpress/

 

もっとWordPress5.3のことを知りたい!という方、ぜひリリースノートにも目を通してみてくださいね。

https://wordpress.org/news/2019/11/kirk/

全記事一覧

web制作者にオススメのオンライン学習サイト「Udemy」

世界最大級のコースがラインナップ!電子書籍サイト「Udemy」

世界最大級のコースがラインナップ!オンライン学習サイト「Udemy」

「Udemy」ではいつでもどんなトピックでも、専門家が教える何千ものコースを用意されており、無料で学べるコースも多数あります。もうちょっと勉強したいな。スキルアップしたいな。と思ったら是非チェックしてみてください。